教育課程編成・実施の方針

1 基礎的な知識と技能の分野

   教養教育において、文化と自然に関する授業科目(基本教養科目の自然科学と技術の分野、及び文化の分野)、現代社会と生活に関する授業科目(健康・スポーツ科目、及び基本教養科目の現代社会の分野)、言語・情報・科学リテラシーに関する授業科目(大学入門科目Ⅱ、外国語科目、情報リテラシー科目及び基本教養科目の自然科学と技術の分野)を、必修および選択必修として幅広く履修できるように配置する。

   教養教育における言語・情報・科学リテラシーに関する教育科目は初年次から開講し、基礎的な汎用技能を修得した上で、専門課程における応用へと発展的な学習に繋げる。

2 課題発見・解決能力の分野

   教養教育において、様々な課題を探求し、少人数クラスでの検討を通じて解決の道を探るための授業科目を、初年次の必修として配置する(大学入門科目Ⅰ、Ⅱ)。また、現代的な課題を発見・探求し、問題解決につながる協調性と指導力を身につけさせるための科目を、必修として配置する(インターフェース科目等)。

3 個人と社会の持続的発展を支える力の分野

   教養教育において、多様な文化と価値観を理解し共生に向かう力、持続的な学習力と社会への参画力、及び高い倫理観と社会的責任感に関する授業科目を、必修として履修できるように配置する(インターフェース科目)。


高等教育開発室

情報通信技術活用教育支援室

コンテンツ共創ラボ

佐賀大学公式ウェブサイト

ページトップへ

〒840-8502 佐賀市本庄町1丁目